大阪市里親会会則


第1条 (名称)

1.本会の名称を大阪市里親会という。

第2条 (事務局)

1.本会の事務局を大阪市こども相談センター内におく。

第3条 (目的)

1.本会は里親同志が相携えて、受託児童の養育の向上をはかり、里親制度の進歩発展に資することを目的とする。

第4条 (事業)

1.本会は前条の目的を達成するため次の事業を行う。

@受託児童の養護、教育、その他に関する研究、意見の交換、参考資料の蒐集、作成、配布、機関誌の発行

A里親制度の普及及び開拓の協力

Bこども相談センター及びその他の機関、団体等との連絡、意見の具申

Cその他本会の目的達成のため必要な事業

第5条 (会員)

1.本会は次の会員から成る。

@正会員 (登録里親及び養子縁組里親)

A賛助会員 (本会の目的に賛同し援助する者)

第6条 (役員)

1.本会に次の役員をおく。

@会長     1名

A副会長  2〜3名

B理事    若干名

C会計幹事   1名

D監事     1名

2.本会に名誉会長と相談役をおくことができる。

第7条 (役員選出)

1.理事及び監事は会員の互選とする。

2.会長、副会長及び会計幹事は理事の中より理事会において選出し、総会の承認を受ける。

3.名誉会長及び相談役は理事会において推薦する。

4.役員の任期は2年とする。但し、再任を妨げない。

5.補欠により就任した役員の任期は前任者の残任期間とする。

第8条 (職務)

1.会長は本会を代表し会務を統轄する。

2.副会長は会長を補佐し、会長事故ある時はその職務を代行する。

3.会計幹事は会長の承認を経て経理一切を行う。

4.監事は本会の事業執行及び経理を監査する。

第9条 (顧問等)

1.本会に顧問及び参与若干名をおくことができる。

2.顧問は本会の業務について会長の諮問に応ずる。

3.参与は会務の運用に参与する。

第10条 (会議)

1.本会の会議は総会及び理事会とする。

2.総会は毎年1回以上開催し、会長がこれを召集する。

3.総会は出席会員をもって構成し、その議事を開き議決をなす。

4.総会の議事はこの会則に特別の定めがある場合の外、過半数で決し、可否同数の時は議長の決するところによる。

5.総会にはこの会則に規するものの外、事業計画、事業報告、予算、決算、財産の処分その他重要事項を附議する。

第11条 (理事会)

1.理事会は理事をもって構成し本会の業務を決定する。但し、日常軽易な業務は会長が専決し、これを理事会に報告する。

2.理事会は会長が召集し、会長又は副会長がその議長となる。

3.理事会は理事の過半数の出席がなければ、その議事を開き議決をなすことができない。

4.理事会の議決はこの会則に特別の定めがある場合の外、出席理事の過半数で決し、可否同数の時は議長の決するところによる。

第12条 (会計)

1.本会の経費は、会費、助成金、寄付金その他をもってあてる。

2.前年度に委託児童等がある正会員の年会費は7,000円、未委託の正会員は4,000円、賛助会員は原則3,000円とする。

第13条 (会計年度)

1.本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日をもって終わる。

第14条 (表彰)

1.本会会員の表彰に関する事項は、別に定める。

第15条 (慶弔)

1.本会会員等の慶弔に関する事項は、別に定める。

第16条 (変更・解散)

1.この会則を変更し又は本会を解散しようとする時は、理事の3分の2以上の同意を得た後、総会の承認を受けなければならない。

 

附 則

1.本会則は昭和32年8月31日より実施する。(会結成32.8.30)

2.本会則は昭和44年6月21日に改正実施する。

3.本会則は平成元年5月28日に一部改正実施する。

4.本会則は平成11年5月23日に一部改正実施する。
(第2条、第6条、第11条‐2、第12条‐2)

5.本会則は平成15年5月25日に一部改正実施する。
(第2条、第5条、第6条、第12条‐2)

6.本会則は平成18年5月21日に一部改正実施する。
(第2条、第3条、第4条A、第5条@)

7.本会則は平成21年6月7日に一部改正実施する。(第12条‐2)

8.本会則は平成23年6月10日に一部改正実施する。(第2条、第4条B)

9.本会則は平成28年4月27日に一部改正実施する。(第12条-2)

 

  • 里親になる手続きについて
  • もっと詳しく